現場REPORT

ON-SITE REPORT
2020/5/27

緊急事態宣言解除でも変わらないこと

佐々木のぞみ「アレンジマイスター」

緊急事態宣言が解除

 

長い間の自粛生活でしたが、いかがお過ごしでしょうか

StayHome」自粛の期間、私たちヘアメイクも、新入社員の研修など、リモートワークできる部分はリモートで対応して過ごしていました。

とは言え、メディアのヘアメイクの仕事はリモート対応できない職種。

テレビ局の現場も最悪の事態に備え2班体制を取ったり、様々な体制で番組スタッフと協力し、報道番組を中心に番組を放送してきました。

バックヤードのメイク室も緊張感

 

毎日放送4チャン、毎週土曜日に生で放送している「せやねん!」

の現場に行かせていただきました。

ここでも出演者数を減らし、スタジオには23名、その他出演者さんは楽屋からリモート中継をしての放送。それに伴い、メイク室もソーシャルディスタンスを心がけ、席の間隔を開け密にならないように対応させていただきました。

道具も共有しないように、11人責任を持って使い分け、私たちの手洗い、消毒も施術ごとに徹底してきました。

生放送の緊張感とはまた違った緊迫した雰囲気もありました。

 

いつまで続くのかわからないではなくずっと続けること

 

緊急事態宣言が解除されたからといって、この体制は変わらないですし、もちろん、新型コロナウイルスが終息したとしても日頃から気をつけ、常に清潔なメイク室でありたいとMOREスタッフ一同心がけ、実現させていきます!
少しずつ、以前のような演者さんが大勢いて、笑いの耐えないメイク室が戻って来る事を願っています。

気を緩めず、引き続きウイルス対策をしていきます!

せやねん!と書いた暖簾
「せやねん!」メイク室入り口
この記事を書いた人
佐々木 のぞみ PROFILE

ヘアメイクスクールへ入学。その後スタジオヘアメイクやセットサロンの勤務をし2005年に株式会社モアに入社。今まで培ってきたヘアメイクの技術を現場で実践し、美容室とは少し違う映像制作の一部として映し出される物を美しく映えるようなヘアメイクを心掛けている。人々を魅了するアレンジの達人。

お問い合わせ・見積もり依頼