現場REPORT

ON-SITE REPORT
2021/4/26

似合う服を見つける基準とは・・・

辻本孝子「美は執念です」

服を選ぶ時にぶち当たること

 

前回「似合う服の見つけ方」をお話ししました。

服を選ぶにあたってこんなことはありませんか?

 

  • 「若い頃の服が似合わなくなった」
  • 「何を着ていいのかわからない」
  • 「自分に似合う服がわからない」
  • 「コーディネートの仕方がわからない」
  • 「着たい服がどこに売っているのかわからない」
  • 「自分のなりたい像のイメージがない」
  • 「自分のファッションが無難すぎてつまらない」などなど

 

そんな悩みを解決するのが【MOREスタイル22】です

【MOREスタイル22】とは一言で言うと

 

その人の魅力を引き出すために

感性だけでは説明しにくい、似合う似合わないの感覚を

パーソナルカラーと骨格診断を取り入れて診断分析し

MORE独自のキャラクター理論をプラスした

ファッションロジックです。

 

このロジックを服に落とし込むことによって

ここぞと言う時には、その人の魅力を120%出してきました^^

ご本人もテンションが上がり、自分の見た目に自信が持て

それが自分自身の内面の自信にもなったと言ってくださいます。

 

22種類の分類とは

22種類のテイストにはそれぞれ名前をつけています。

 

個性別イラスト
22パターンのマトリクス

 

【ロマンチック】・【フェミニン】・【キュート】・【クリアスポーティー】

【ソフトカジュアル】・【ノーブル】・【ソフトモダン】・【ソフトエレガント】

【カジュアル】・【スポーティー】・【ナチュラル】・【トラディショナル】

【エレガントゴージャス】・【エレガント】・【ダイナミック】・【ワイルド】

【エスニック】・【クラシック】・【ダンディー】・【ゴージャス】・【フォーマル】

【ハードモダン】です

このどれかに人を当てはめていきます。

もともとは個性をあえて22種類に分けているので

もちろん一つだけではありません。

 

例えば男性で男の中の男!って感じの人には

【ダンディー】をメインのテイストで考えますが、

内面は愛妻家で家庭的な一面を持っていたとしたら

【フェミニン】と言う優しさを持つ要素をディテールに取り入れて

素材やシルエットを少し柔らかい物を選んだりしながら

個性を服に反映させていくんですね。

 

こんな経験ないですか?

 

ショップでおすすめされた服、自分でも似合っているとは思うけど

どこかしっくりこない・・・

こう言うことが起きるのは

この内面の要素を考慮していないからだと私は考えています。

 

お料理で言うと薬味!メインのお料理に

スパイスを効かす事でそのお料理の美味しさが引き立つような^^

 

カレーに、お醤油入れる人や、コーヒー、生姜、牛乳などなど

その家庭毎にベストな隠し味があるように、同じメインのお料理でも

隠し味によって各家庭の美味しいカレーがあるように

ファッションにも薬味・隠し味が必要です。

 

ショップ店員さんもメインのお料理は経験上ある程度わかるのですが

薬味までは買い物の短い時間では判断がしずらいのではないでしょうか?

 

人は誰でも、数えきれない素敵な個性があります!

その良さを全部考慮してファッションに反映させるとなると

全てがオーダーメイドでない限り不可能だと思いませんか?

既製品では見つけることは難しいです。

 

人って、本人は気づいていない素敵な魅力がいっぱいあるんです^^

 

次回はこの22テイストの一つづつの特徴をお話ししていきます。

ぜひあなたもどのカテゴリーに属するのかを見つけて、

テンション上がる⤴️服を見つけてください。

この記事を書いた人
辻本 孝子 PROFILE

モアを創立当初から支え続け、ヘアメイクだけでなく、スタイリスト、フラワー事業、ブライダル事業、眉事業、などをMOREの数々の事業の重要なポジションを歴任。今までの経験を生かし、常に前向きなMOREメンバーと一緒に関西の美容・ファッション業界を大阪から発信し、盛り上げて行くことを使命としている。おしとやかな雰囲気の美魔女スタイリスト。

お問い合わせ・見積もり依頼