現場REPORT

ON-SITE REPORT
2021/7/6

色彩検定から学ぶ『ファッション』【ふぁっしょん録】VOL.11

宮 彩花「流されない正統派」

先日、色彩検定2級を受けました!🌈🤍

『色彩検定って色だけじゃないの?』と思われている方もいらっしゃるかと思いますが、色彩検定では『ファッション』の問題が出題されます。
『ファッション』をきっかけに少しでも色彩検定について興味を持ってもらえるように色彩検定から学ぶ『ファッション』についてご紹介します!!

その中でも今回は『ファッションイメージとスタイル』について詳しく解説していきます!💫

 

 

色彩検定2級ではファッションが持つイメージを大きく6つの種類に分類しています。それぞれ対極なイメージと比較するととてもイメージしやすいと思います!

 

☆ エレガント ☆
「上品で優雅な」感じ。曲線的な柔らかい雰囲気を持ち、グレイッシュやパステルカラーが中心。

ライトグレイッシュトーンの写真
Pinterest

—————————————————-
☆ スポーツ ☆
「ビビットカラー」や「コントラスト」を使った、スポーツウェアのように明るく活発なイメージ

ビビットトーンの写真
Pinterest

 

☆ ロマンティック ☆
リボンやフリルを多く使った、「可愛らしい」少女のイメージ。パステルカラーの甘い雰囲気が特徴。
—————————————————-
☆ マニッシュ ☆
メンズスーツに使われる「ダークカラー」を中心とした男性的なイメージ。

ダークトーンの写真
Pinterest

 

☆ エスニック ☆
民族衣裳をイメージさせるような、素朴で味わいのある雰囲気を持つ。「スパイシーカラー」が特徴的。
—————————————————-
☆ アーバン ☆
「都会的で」大人っぽいイメージ。おしゃれで洗練された、ベージュや黒・紺グレイの定番色が中心

 

今回は6つの種類に分類されたファッションが持つイメージについて解説しました。

色彩検定2級ではファッション以外にもインテリアや景観色彩など様々な色彩について学ぶことができます。興味がある方は公式サイトを是非検索してみてください!👀

 

 

 ________________________________________

私たちスタイリストチームは

スタッフブログ以外にも

株式会社モア公式のインスタグラム

株式会社 モアにて

スタイリング衣裳の紹介やスタイリストのお仕事動画

を投稿しているので、

そちらも是非チェックしてみてください!✌️

________________________________________

この記事を書いた人
宮 彩花 PROFILE

幼い頃から興味があったファッションに携わる仕事がしたい!という夢に向かって高校卒業後は上田安子服飾専門学校に入学。専門学生時代に様々な経験を経てスタイリストになることを決意。そして専門学校卒業後、株式会社モアに入社。「一度始めたことは中途半端で投げ出さず、最後まで諦めずにやり遂げる」をモットーに立派なスタイリストになれるよう精一杯頑張ります。

お問い合わせ・見積もり依頼