現場REPORT

ON-SITE REPORT
2020/9/3

夏から秋へのシフトチェンジ〜 この季節の「オススメ買い」とは⁈

大亀美貴「働く女性の鏡」

スタイリストの大亀です。

8月も過ぎもう夏が終わるこの季節。新作服がお店に並ぶ中、この季節にはどんな物がオススメか、ご紹介します。

 

選ぶ時の重要な3つのポイントは、

①色  ②素材  ③袖丈

 

 

①色は季節感を1番あらわす

夏には発色の良いハッキリとした色が主流ですが、これからの秋にはくすんだ色を選ぶと一気に秋らしく感じられます。
例えば、テラコッタ・キャメル・マスタード・ダークグリーン・カーキ(オリーブ)・ブラウン(マロン)です。
特に昨年から流行の「ブラウン」が引き続き今年もオススメです!
トップスかボトムスどちらかに、この秋らしいくすみ色を加えれば、見た目から秋らしく見えますよ。

 

②素材は快適さと見え方が大事

まだ気温が高い日が続いていますが、夏の麻素材や透け感のあるシースルーは真夏の涼しそうな素材に見えてしまいNG✖️
かといって、秋冬素材のウールやアクリルはまだまだ暑過ぎる…
そんな時期には、やはり万能なポリエステルや綿などが最適◎ ポリエステルは軽さと質感もなめらかで、シワにもなりにくく扱い安い素材です。綿は吸水性と通気性がよく、全シーズン通して快適です。オーガニックコットンもあり、肌にも優しいところが特徴です。
どちらの素材も残暑厳しい9月には丁度いいオススメ素材です!

 

③袖丈は調整できると秋冬まで着れる

暑さの残る時期も、そしてこれから肌寒くなってくる時期も使えるのは、袖が折り返せたり、ロールアップが出来るデザインの長袖がオススメです。
袖丈が調節出来ると気温に合わせて、5分袖、7分袖、長袖と使い回しが出来て、長い時期着れます!
秋冬には長袖で、セーターやカーデガンのインナーとして使えて、レイヤースタイルにも活躍出来ます。

 

秋くすみカラーイメージ服

以上 3つのポイント を取り入れて、

オシャレが1番楽しい秋の季節に
使えて、オシャレで、快適な新作秋服を購入してみて下さい!
秋を先取りしたコーデで楽しみながら、残暑を乗り切って下さいね!

 

この記事を書いた人
大亀 美貴 PROFILE

アパレルメーカーにて3年間勤務し、接客、商品レイアウト、店頭ディスプレーを経験。その後、広告代理店に3年勤務し、多業種への営業とフリーペーパーの表紙スタイリストを担当。2008年、MOREに入社。美しい外見からは想像もつかないほどのバイタリティーとスピード感を持つスタイリストでお客様からの信頼も厚い。

お問い合わせ・見積もり依頼