現場REPORT

ON-SITE REPORT
2020/5/18

リモートは大変💦

松村芝麻「モアの生き証人」

コロナウィルス感染症対策によるソーシャルディスタンスを保つため、TVの景色が変わってしまってから1ヶ月になるでしょうか

スタジオでの演者さんの間隔を大きくとるようになったり、隣の人との間にアクリル板を設置したり

大半の番組がリモートによる出演を取り入れています

演者の皆さんがひとつのスタジオへ集まっていた時と比べて、リモートによる出演となったときの機材セッティングや、番組進行の工夫など、制作スタッフの大変さを目の当たりにします。

先日、東京のクイズ番組に出演される現場にご一緒させて頂きました。

東京から送られて来たリモート用機材のセッティング

演者さんのバックのセット用パネルの組み立て

音声回線チェック等々

それら全てを二人のスタッフで切り盛りされてました(大変💦)

スタジオよりも照明が弱く、リモートという小さな画面での出演になる為、メイクはいつもより若干明るめにしました。

普段の収録ではトークに身振り手振りがついたりしますが、リモートは写る範囲が決まっているので、ほぼほぼ動かれません。

その為、左右のバランスの違いがよく分かるので、特にネクタイの位置や髪のバランスに気をつけました。

収録は無事に始まりましたが、東京からの音声は演者さんのイヤホンにしか届いていず、進行具合がまったく分かりません💧

只々、演者さんのリアクションをディレクターさん、ADさん、そしてメイクの3人で見守っていました😅💦

この記事を書いた人
松村 芝麻 PROFILE

ダウンタウンさんやハイヒールさんを目の当たりにし、子供の頃からずっと見ている吉本新喜劇などお笑い(バラエティ)番組に携われる事に幸せ・喜びを感じ現在に至る。
最近は「流行り」よりも男女を問わず「より若く、より美しく」を目指しメイクを行う。圧倒的な知識と多彩な経験で、後輩スタッフや演者からの信頼が厚い。

お問い合わせ・見積もり依頼